DHAサプリの働きを阻害する?DHAと相性の悪い栄養素や薬とは?

DHAと相性の悪い栄養素
魚に含まれるDHAやEPAがたっぷり詰め込まれたDHAサプリ。しかしこのサプリメントのパワーを最大限引き出すには、飲み方を工夫しなければなりません。何故ならDHAの働きを妨げてしまう成分も存在するからです。

「DHAと飲み合わせの悪いサプリは?」
「お薬と一緒に飲んでも大丈夫?」

そんな疑問にお答えすべく、当記事ではDHAサプリとその他のサプリ、薬との相性についてお話しいたします。

DHAサプリと相性の悪いサプリメントや薬とは?

キトサン

キトサン(不溶性食物繊維)は、DHAサプリとの相性が悪いと言えます。

不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収し膨らむという性質を有しています。つまり便の「かさまし」を行うということです。便が大きくなると、小さすぎる場合よりも排出が容易になり、便秘解消に期待が持てるんですね。

しかしこのキトサンは、膨張する際に水分だけでなく、その他の栄養素まで吸い上げて、そのまま排出されてしまいます。

DHAサプリはもちろん、その他のサプリメントとの相性も決して良いとは言えなさそうです。時間をずらして飲むなどの工夫をしたほうがよいでしょう。

カフェイン

カフェインもまた、DHAやEPAの働きを阻害すると言われています。そこまで気にする必要はないと思いますが、DHAサプリを飲む直前、直後には極力、カフェインを摂らないようにしたほうがいいかもしれません。

ちなみに、カフェインはコーヒーだけでなく、お茶などにも含まれています。特に玉露茶は珈琲以上のカフェインを含むので、サプリメントとの飲み合わせに注意してください。

βカロチンと相性悪し?

βカロチンは免疫力アップなどをサポートしてくれる非常に健康に良い栄養素なのですが、DHAサプリとの飲み合わせには十分注意しなければなりません。なぜならDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、βカロチンを破壊するという性質を持っているからです。

こちらもやはり、飲む時間をずらすなどの工夫をしたほうが良いでしょう。

薬との飲み合わせについて

今現在、何かのお薬を飲まれている方は、DHAサプリに限らず、サプリメントを始める前に必ず、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

サプリメントの成分が薬の効果を阻害したり、吸収を妨げたり、あるいは副作用を助長したりする恐れがあるのです。

自分ひとりで判断するようなことは絶対に避けてください。健康食品で健康を損なっては、何がしたいのだかわかりませんので一言申し添えておきます。

そのうえで、DHAサプリと薬の飲み合わせについて述べるならば、このサプリメントは血流を促進するのをサポートする働きがあるため、ワーファリンなどの血液凝固剤との相性は悪いと言えます。

血液を固めるための薬とまったく正反対の性質を持つ栄養素を積極的に摂ることいは、好ましくないと言えるでしょう。

また、降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいる方も要注意です。DHAサプリによって血圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。

DHAと相性の悪い栄養素や薬まとめ

以上、DHAサプリとの相性の悪いサプリメントや、薬についてお話しいたしました。キトサンやカフェインは、DHAの働きを無効かしてしまう可能性があるため、一緒に飲むことは避けたほうがよいと言えそうです。

逆にDHAはβカロチンを破壊してしまう性質を有するので、両サプリを服用するのなら、飲む時間を空けるなどの工夫が必要でしょう。

今現在なにかのお薬を飲まれている方は、かかりつけの医師に、サプリを飲んでもいいかどうか必ず相談してください。

ワーファリンや降圧剤の他にも、DHAサプリとの相性の悪い薬は存在するかもしれません。「ワーファリンと降圧剤以外の薬なら大丈夫!」なんて無責任なことを言っているサイトも存在しますが、そういうのは一切信用しないことです。

サプリメントを始める前に必ず、お医者さんに相談しましょう。